【絶対ダメ!】化粧したまま寝ると肌に起きる事

化粧したままで寝ると肌に起こる恐ろしい事

残業や付き合いで飲み会に行ったり等、帰宅が遅くなりちょっと一息つこうとそのままゴロン。

 

気付いたら朝だったとか、あなたにも経験ありませんか?

 

子育て中のママさんも子供を寝かしつけている間に一緒に寝てしまったって話もよく耳にします。

 

メイクをしたままで寝るという行為は、当然ながら肌にとっていいわけではありません。

 

しかし、具体的にどのように肌に悪いのでしょうか?

 

今回は、メイクをしたままで寝てしまった場合、肌にどのような悪影響が及ぼすのか説明したいと思います。

 

 

女性は1日平均何時間メイクをしているの?

化粧したまま寝る

 

女性は1日平均、何時間メイクをしていると思いますか?

 

とある調査によると、女性の平日の平均メイク時間は約14時間

 

残業などで帰宅が遅くなれば約16時間〜17時間にもなるそうです。

 

つまり、1日の3分の2以上は、メイクをしているということです。

 

 

顔にはどのような汚れがついている?

洗顔は化粧をしている女性はもちろん、化粧をしない男性も子供もしますよね。
その理由はもちろん、顔の汚れを落とす為。

 

では肌にはどのような汚れがついているのでしょうか?

汗・皮脂・ハウスダスト・埃・排気ガス・古い角質・化粧品に含まれる添加物・微生物や細菌などが毎日の顔の汚れとして付着しています。

 

メイクをしても、していなくても顔には上記の様な汚れがついているのですね。

 

実際メイクをしたままで寝ると肌に起きる事

メイクになどに含まれる油分が顔の皮脂などと混ざり合い酸化し、活性酵素を出して過酸化油脂という肌に対しての刺激物質に変わります。

 

また古い角質が蓄積されていくので肌のクスミの原因に。
古い角質は微生物や顔ダニの栄養になりますので顔ダニを過剰に繁殖させニキビや肌荒れの原因に繋がります。

 

肌のターンオーバーが乱れ、メラミンが発生しやすくなるのでシミやシワなど肌の老化が加速しやすくなります。

 

 

帰宅したら必ずクレンジングを!

その日のメイクはその日のうちに落とすのが美肌への鉄則です。

 

 

クレンジングが面倒で洗顔だけでもなんとかなるのでは・・と考えている方もいるかもしれませんが、残念ながら洗顔だけで落とせるのは汗や埃などの軽い汚れのみ、メイク自体の添加物や油分・皮脂成分が排気ガスや顔ダニなどを取り込んで顔に張り付いているので洗顔だけでは落とすことはほぼ不可能です。

 

 

たとえ帰宅が遅くなってクレンジングが面倒でも、美肌を目指すのならクレンジングは基本中の基本です。
若い方でも今のうちから、この基本をしっかりと身につけておくことで年齢を重ねた時の後悔が少ないですよ。

トップへ戻る