正しい日焼けケアでシミ・ソバカスを予防しよう!

正しい日焼け後のケアでシミ・ソバカスを予防しよう!

日焼けは美肌の大敵!

 

陽射しの強い時期にUVケアをおろそかにしてしまったけど、そのままほっといていませんか?

 

日焼けをそのまま放置してしまうとシミソバカスの原因になるどころか、シワやごわつきなどの肌の老化を速めてしまうリスクも高くなります。

 

今回はうっかり日焼けしてしまった方に、肌への影響を最小限に抑える正しい日焼けケアの方法をご紹介します。

 

 

日焼けをしてしまったらまずは冷やす

日焼けをした肌は軽度の火傷状態になっています。

 

肌が炎症を起こしているので、放置すると腫れや水ぶくれになってしまう事もあります。

 

炎症の進行を防ぐ為にまずは冷やしてください。

 

冷やす方法として有効な方法は
  • 濡らしたタオルをあてる
  • 冷たいシャワーを浴びる
  • 保冷剤などで冷やす

 

ここで注意しなければならない事は、日焼けした肌はダメージを受けてバリア機能が弱くなっています。水圧の強いシャワーを肌に当てたり、濡れたタオルで日焼けした患部をこする行為はダメージを受けている肌にとって負担になりますので控えてください。また、保冷剤や氷などを肌に直接当てて冷やすことも皮膚組織にダメージを与えてしまうので、布などで包むなどして調節してください。

 

冷やす時間の目安としては、肌の火照りが完全におさまるまで冷やすことが重要です。

 

 

しっかり保湿をしてあげよう

日焼けした肌は特に乾燥している&乾燥しやすい状態です。

 

普段の2〜3倍の量の化粧水を使い、しっかりと保湿してあげる事がとても大切になってきます。

 

添加物が多く含まれている美白系化粧水は敏感になっている肌には刺激が強く、しみてしまう事があります。
低刺激化粧水か、敏感肌用化粧水で保湿する事をお勧めします。

 

もし、日焼けが酷く化粧水がしみてしまう場合は肌が落ち着くまでワセリンなどで保護し、落ち着いた後に保湿しましょう。

 

日焼けwiki

水分補給も重要!

日焼け後は、肌だけではなく体内の水分も不足している状態です。

 

体内にしっかりと水分補給をする事で体の水分量があがり、肌の保湿にも効果的です。

 

キンキンに冷えた飲み物は水分補給には逆効果になる場合もありますので、常温の水又はスポーツドリンクなどがおススメです。

トップへ戻る